魚の玄人が心底惚込んだ"旬の中の旬"をお届けします。


お問い合わせ
「旨い」を極める、
玄人であること。

"おいしさの頂点を見極める"それこそが「玄人」の仕事。
1年のうち、わずか2週間ほどの"旬の中の旬"の魚を求めて、玄人たちは、今日も奔走します。

詳しくはこちら
旬の味を求めて昭徳丸

波しぶきを上げながら魚群を追う「昭徳丸」。5隻で船団を組み、約3週間をかけて漁を行います。

詳しくはこちら
こだわりの素材

一握りの魚のみが「玄あじ」「玄さば」といった「玄ブランド」の称号を得ることができるのです。

詳しくはこちら
加工・製法
全工程を自社内で

私たちのこだわりはただ一つ、本当においしい魚をお客様に提供することです。


詳しくはこちら
旨いを引き出す
5つの理由

漁師や玄人、職人たちのプロの仕事をバックアップ。さらなる「旨い」を引き出す努力を、私たちは惜しみません。

詳しくはこちら