魚の玄人が心底惚込んだ"旬の中の旬"をお届けします。


お問い合わせ
HOME > 会社案内

会社案内

会社概要

社 名 富栄海運有限会社
設 立 昭和33年
代表者 代表取締役社長 竹内 隆治
本 社 長崎県長崎市金屋町7番2号
TEL 095-823-8134
唐津営業所シーボーン昭徳 佐賀県唐津市中瀬通10番23
TEL 0955-72-1881
FAX 0955-74-1100
E-mail info@sea-born.co.jp
設 立 平成2年5月
敷 地 約12,000坪
事業内容 漁業(大中型旋網)
魚介類加工業・販売業
漬物類加工業
一次加工及び、二次加工
塩干物製品(天日干し・フィレ)
しめさば、味噌漬け製品
ギフト製品各種
食品の冷凍又は冷蔵業・倉庫業
建 物 冷蔵庫棟(約900坪)
作業棟(約900坪)
超低温冷蔵庫・作業棟(約300坪)
主要設備 凍結能力:150トン(-40℃エアブラスト式)
冷蔵能力:5,000トン(-25℃)
超低温冷蔵庫:232トン(-60℃)
密閉型天日干し乾燥場(120坪)
【室温・湿度調節機能付】
フィーレマシーン(1機)
割裁機(3機)
真空パック機(3機)
ハイパック機(1機)
トレーパック機(2機)
シュリンク包装機(1機)
Ⅹ線異物検出機(4機)
金属探知機能付きウエイトチェッカー(3機)
金属探知機(1機)
ウエイトチェッカー(1機)
自社保有船 第三十一昭徳丸船団(大型旋網船5隻)
第八十一昭徳丸船団(中型旋網船5隻)
グループ保有船 第十八昭徳丸船団(大型旋網船5隻)
第二十一昭徳丸船団(大型旋網船5隻)

沿革

大正7年
昭徳グループ沿革長崎県五島列島の奈良尾浜串にて「十栄社」として、揚繰網漁業を始める。
堅い結束の熱い漁師魂は伝説の「十字船団」と呼ばれ、驚異的な水揚げを誇る。
昭和23年
「昭徳水産株式会社」を設立し、長崎市金屋町を本社とする。
昭和33年
「富栄海運有限会社」を設立し、旋網漁船を増隻する。
平成2年
佐賀県唐津市に「株式会社シーボーン昭徳」を設立し、飼料や原料など冷凍魚の販売を主体に事業を始める。
平成6年
「株式会社シーボーン昭徳 まぐろ事業部」を設立。232トンの超低温庫(-60℃)を建造。冷凍まぐろの加工・販売を始める。
平成7年
工場敷地内の唐津湾に面する位置に「天日干しハウス」1棟(25×8m 200㎡)を建造。天日干し干物製品の加工・販売を始める。
平成8年
天日干し干物製品の増産に対応するために「天日干しハウス」を1棟(25×8m 200㎡)を増築。2棟(25×16m 400㎡)とする。
平成14年
施設設備・機器類・製造・衛生面の管理を専属でおこなう「管理部管理課」を新設する。
平成17年
昭徳グループ内の編成により「富栄海運有限会社」と「株式会社シーボーン昭徳」を統合し、富栄海運有限会社を「漁労部門」と「加工販売部門」の二部門体制とする。社内に製品や設備・機器類等の微生物検査をおこなう「検査室」を新設する。
平成20年
営業部を「営業第一課」「営業第二課」「通販ギフト課」の三課体制とする。
平成21年
X線異物検出機を3機導入し、異物混入防止対策を強化する。
平成24年
製品の品質向上を図り、工場設備の改築と新たに独自設計の天日干しハウス(50×8m 400㎡)の増築をおこなう。
製品の増産に対応するため、X線異物検出機と金属探知機能付きウエイトチェッカー(各1機)を導入する。

現在に至る。


商標登録一覧

平成11年 第4276602号 「玄あじ(ゲンアジ)」
平成12年 第4415798号 「玄さば(ゲンサバ)」
平成12年 第4498135号 「昭徳のすわり天日干し」
平成17年 第5036470号 「昭徳の御馳走ひもの」
平成17年 第5036471号 「昭徳のごちそう旬魚」
平成17年 第5037741号 「昭徳の中トロしおさば」
平成22年 第5303349号 「玄ぶり(ゲンブリ)」
平成22年 第5354979号 「玄燻(ゲンクン)」
平成22年 第5354980号 「玄魚燻(ゲントクン)」

お買い物