魚の玄人が心底惚込んだ"旬の中の旬"をお届けします。


お問い合わせ
HOME > 玄人について

玄人について

「旨い」を極める玄人であること

 今から遡ること約四百年前、長崎県五島・対馬で驚異の水揚げを誇り、伝説の船団と呼ばれた「十字船団」。シーボーン昭徳のルーツであるとともに私たちが「旬の中の旬の魚」を追い求める原点です。社章に残る“十”の文字は海を知り尽くし、魚を知り尽くしたプロの証。旬の時期に水揚げされるたくさんのあじやさばの中でも、ほんのひと握りでしかない「玄あじ玄さば」はその証そのものなのです。
“十”に込められた先人達の熱き思いと誇りは、私たちが確かに受け継ぎ、今もなお息づいています。

玄人(くろうと)
[シーボーン昭徳]の買付を担当する魚のプロ。「旬の中の旬」を見極め、その年で最もおいしい魚を買い付けます。目利き力こそが旨さの証であり、「玄ブランド」として高い評価を得ています。


魚のプロ集団

 伝説の「十字船団」をルーツにもつ私たちは、ひとりひとりが「玄人」。
旬の魚を求めて大海原で操業する“沖の漁師”昭徳の旨さの原点である素材の買付けを一手に担う“陸の目利き”長年培ってきた経験と技を最大限に振るう“つくり手”お客様の大切なご注文を預かる“オペレーター”それぞれが、それぞれの分野で力を発揮してこそ、本当に納得のいく商品をお届けする事ができるのです。
自ら玄人と呼ぶからには、魚のプロとしての責任とプライドをかけ、その名に恥じない商品つくりと旨さへの追求をお約束します。

お買い物