魚の玄人が心底惚込んだ"旬の中の旬"をお届けします。


お問い合わせ
HOME > 加工・製法

加工・製法

独自の天日干しハウスで旬の魚の旨さを引き出します。

選び抜かれた香り高く、風味が豊かな旬の魚の旨みを最大限に引き出すのが私たちの製法です。加工は化学調味料や調整剤などは一切使用せずに塩のみの味つけです。海水塩に着け込んだ後、敷地内の唐津湾に面した衛生的に管理された弊社独自の天日干しハウス(50×8m 約120坪)にて一枚一枚手間ひまを惜しまずに時間を掛けてじっくりと水分を飛ばし、更に旨みを熟成させていきます。表面はカリッとしていますが、中はシコシコと弾力のある干物に仕上がります。

平成24年に新設した陽当たりのよい工場の2階部分に設置。飛来する汚染物質を遮断し、年間を通じて温度と湿度を一定に管理できる密閉型の新基準天日干しハウス。【50×8m 約120坪】

衛生的に管理された独自の天日干しハウス内。
真あじ(100gサイズ)を一度に約7,000枚干すことが可能です。

全工程を自社内で。
味、品質、安全性、すべてに自信あり。

自社の冷蔵庫(-60℃の超低冷蔵庫温完備)で大切に保管されていた魚は、つくり手により各工程で、ひとつの商品へと生まれかわります。
素材そのものの旨さを最大限に引き出すため、天日干しに用いるのは、天然海水塩のみ。
また、しめ鯖や吟醸味噌粕漬けなどの加工品についても保存料・化学調味料などの添加物は決して使わず、国産調味料にこだわっています。
全工程を自社内でおこなうことで、味、品質、安全性、すべてに自信が持てるのです。

  • 工場スタッフ
  • しめ鯖
  • 燻製風景
  • 天日干しハウス
  • 玄人
  • 工場スタッフ
  • 加工風景
  • 味噌粕漬け
お買い物