長崎県五島・対馬沖の玄あじ・玄さば、まぐろ、さば、あじ、ぶりなど旬の魚を天日干し干物や煮付けなどで販売しています。ギフト、贈り物にもどうぞ!

「素材」への情熱
HOME > 「素材」への情熱

夜も明けきらぬ午前4時。唐津魚市場が最も活気づく頃、買付人たちの真剣勝負が始まります。水揚げされたばかりの魚に包丁を入れ、脂ののりや身質をチェックするのは[シーボーン昭徳]で「玄人」と呼ばれる専任スタッフたち。1年のうちわずか2週間あるかないかの味の頂点、まさに”旬の中の旬”を見極める目利きのプロです。

水揚げの度に市場へと駆けつけ、実際の味を確かめるために毎日試食会が行われます。そして「来た」と判断するやいなや、1年分の魚を確保するべく買い付けに奔走します。自社船であっても、その目にかなわなければ買い取らないという徹底ぶりです。一握りの魚のみが、「玄あじ」「玄さば」といった「玄ブランド」の称号を得ることができるのです。

苦労の末に勝ち取った魚は、即座に急速凍結され、マイナス60℃の超低温冷蔵庫で保管し、鮮度と旨味を閉じ込めます。その後、ひとつひとつ丁寧に加工され、みなさまの食卓へ。「玄人」としての確かな仕事とプライドが、「旨さ」を根底で支えています。

水揚げ後、即座に魚をさばいて肉質、脂ののりなどをチェックします。長年の経験により、刃先の感覚だけで魚の良し悪しが判断できる——目利きのプロ「玄人」ならではです。