本文へ移動

さらなる旨さを引き出す加工・製法

独自の天日干しハウスで旬の魚の旨さを引き出します。

選び抜かれた旬の魚の旨みを最大限に引き出すのが私たちの製法です。陽当たりの良い工場2階部分に設置した天日干しハウスは、飛来する害虫や汚染物質を遮断する密閉型で、室内の温度と湿度を調整することが可能です。干し面は太陽光をいっぱいに浴び、裏面は室内の気流をコントロールして両面を乾燥させております。1枚100gサイズの真あじで約7000枚干すことが可能です。
化学調味料や保存料などの食品添加物は一切使用せず、海水塩の漬け汁に漬けこんだあと、一枚一枚手間暇を惜しまずじっくりと水分を飛ばし、さらに旨みを熟成させていきます。天日で干すことで魚肉のたんぱく質やミネラル分が結びつく「すわり」現象が発生し、旨み成分であるイノシン酸やグルタミン酸が生成されます。
天日干し干物は日焼けをするため、やや飴色っぽい仕上がりではありますが、身の表面はパリッとしながらも身の中は噛み応えのある昔ながらの干物に仕上がります。
平成24年に新設した陽当たりのよい工場の2階部分に設置。飛来する汚染物質を遮断し、年間を通じて温度と湿度を一定に管理できる密閉型の新基準天日干しハウス。【50×8m 約120坪】
衛生的に管理された独自の天日干しハウス内。
真あじ(100gサイズ)を一度に約7,000枚干すことが可能です。

全工程を自社内で。 味、品質、安全性、すべてに自信あり。

自社の冷蔵庫(-60℃の超低冷蔵庫温完備)で大切に保管されていた魚は、つくり手により各工程で、ひとつの商品へと生まれかわります。
素材そのものの旨さを最大限に引き出すため、天日干しに用いるのは、天然海水塩のみ。
また、しめ鯖や吟醸味噌粕漬けなどの加工品についても保存料・化学調味料などの添加物は決して使わず、国産調味料にこだわっています。
全工程を自社内でおこなうことで、味、品質、安全性、すべてに自信が持てるのです。

こだわりの調味料

【しめ鯖】
佐賀県産米の長期発酵・純米酢を使用しています。一般的なしめ鯖のような生臭さはなく、まろやかな味に仕上げています。

●佐賀県産米の純米酢●種子島の粗糖●三河みりん
●みやこの料理酒●井上古式醤油


【吟醸味噌粕漬け】
京都の白味噌と、地元酒蔵『太閤』の踏込み粕を合わせた特製の味噌床でじっくりと熟成させました。

●京都の吟醸白味噌●太閤の酒粕
●三河みりん●天上みりん


【みりん醤油漬け】
白砂糖を使わず、天上みりんやみやこの料理酒で甘みをまとわせました。

●天上みりん●井上古式醤油●みやこの料理酒
●種子島の粗糖


【煮付け】
ご家庭でも本格的な煮付けを味わっていただきたいという思いから誕生した玄人仕立ての煮付けです。

●天上みりん●井上古式醤油
●みやこの料理酒●種子島の粗糖


富栄海運有限会社
唐津営業所 シーボーン昭徳
〒847-0101
佐賀県唐津市中瀬通10番23
TEL/0955-72-1881
FAX/0955-74-1100